ハーブボールは体に当てもらっている間でもとても気持ちいいものです。じんわり温かくて気持ちがホッとするハーブボールは女性だけなのはもったいない。

男性にもこの気持ちよさを試してほしいものです。女性はサロンにも気兼ねなく行けたりするのですが、、男性は恥ずかしいという気持ちが勝つんですよね。

せっかく気持ちいいこのハーブボールをパートナーにも体験してもらいましょう。

夫婦の半数がセックスレスという事実

日本の既婚者のおよそ半数がセックスレスなんですよ。既婚歴が長ければ長いほどセックスレスの比率が高くなるようです。

結婚当初はラブラブで過ごせた二人ですが、子供ができると環境が変わります。

女性は家事に育児と毎日忙しくなり、男性も仕事が忙しくなる…。毎日少しずつすれ違っていくようになります。

時間軸が変わってくると必然的に会話も減り、スキンシップも足りなくなるのです。

すれ違いは早めのスキンシップで解消

すれ違いを放っておけばだんだんと話しづらくなり、スキンシップしづらくなります。

急に抱きついたり、キスしたりしにくいですよね。急にすると相手もびっくりしますし、何より相手が疲れているときは嫌がられる確率が高くなります。

それが分かっているからこそ余計にスキンシップしづらいんですよね。そんな時はまず肩をポンと叩いて行ってらっしゃいから始めてみてはいかがでしょう。

ステップアップのスキンシップ

徐々にスキンシップができるようになったらここでハーブボールの登場です。体を温める作用のあるハーブボールを凝り固まっている方や腰などに乗せてみましょう。

リラックス作用が多いのがハーブの特徴です。蒸気で温められ湯気とともにハーブが部屋中に香りを漂わせていつもの自宅が異空間となります。

パートナーとの関係はお互い日常となっているので、ハーブボールで作り出された香りの魔法はあなたもパートナーも変わらせてくれるはずです。

リラックスしているとお互いの気持ちを正直に伝えやすく誤解も解きやすいんですよ。

ハーブボールを体に当てている間も会話しながらすると、いつもは聞けない相手の本音なんかも聞けるのでいいかもしれませんね。

マッサージと言ってパートナーに触れるチャンスです。不自然じゃないのがマッサージのいいところ。

ハーブボールも使ってよりリラックスした時間を作ってみてください。

スキンシップから…

ハーブボールをお互い体に当ててしていると自然に体に触れれるようになり、いい雰囲気にもっていきやすくなります。

特に男性は女性が忙しくしているのを見ていますから「今は無理かな…」なんて勝手に思い込んでしまうことも多いそうです。

ハーブボールのリラックスしたパートナーは少しスキが生まれやすく、雰囲気にもっていきたい時にチャンスとなってきます。

常に仕事モードの時は誰しも誘いづらいのは当たり前で、やはりリラックスというのは人間関係を円満にまとめる潤滑剤となります。

ハーブボールのハーブの効能

ハーブボールに入るハーブを選びましょう。

お仕事や家事などで疲れているパートナーのためにリラックス効果の高いラベンダーやカモミールといったものがいいですよ。

体が疲れている方にはやはり活力のマテやローズマリーもいいですね。

心身ともに疲れ切ったパートナーの体に触れることによってより親密な時間が流れます。

サロンのように本格的でなくてもOKです。自宅でのハーブボールはセルフメンテナンス程度で構わないでしょう。

気持ちいいと感じることと、心が軽くなる感覚を感じ取ってくれたら100点ですね。

ハーブボールを使う方もハーブボールをあててもらう方もリラックスすることで自然と距離が近くなっているでしょう。

販売されているハーブボールは沢山のハーブが入っているものが多く1種類だけというのは少ないですね。

通信販売されているものもたくさんあるので自分やパートナーに合った効能のものを選ぶといいでしょう。